株式会社テツタニは、顔料、添加剤、樹脂、測定機器のサプライヤーです。

活用業界シーン/塗料・コーティング用試験機

塗料・コーティング業界では、顔料・樹脂物性評価から塗膜後の色彩・物性評価など多岐にわたる評価があります。様々なシーンでご活用できる機器をご用意しております。

色彩の管理

塗料・コーティング剤の色彩管理において目視評価でのばらつきが出てしまいます。そこで色彩色差測定機を使用する事で、一定の色彩評価が可能になります。
■メタリック・パール色測定向け(多角度測色機)

BYK-mac i(ビックマックi)

メタリック・パール色の評価に最適な多角度色彩色差計です。角度により変化する色に対し、6角度での測色を行い数値化が可能になります。
■ソリッド色測定向け(単角度分光光度計)

スペクトロ2ガイド(spectro 2 guide)

色彩測定に適した単角度分光光度計です。測定がしやすい人間工学に基づいた縦型デザインになっております。
■表面光沢・ツヤの測定向け

マイクログロス(micro-gloss)

色彩認識の基本は光沢・艶を合わせる所から始まります。ベース色が合っていたとしても光沢がずれていると色彩印象は異なった認識になる為、光沢管理は重要です。また、促進耐候性試験や屋外爆試験、分散度の確認でも光沢測定は有効な管理方法。

クリアコートの管理

クリアトップコートは全光線透過率の他ヘイズ測定が行われています。更に昨今ではアンチグレア処理によりヘイズ測定では困難な不透明性製品が数多く誕生するようになりました。
■ヘーズ・曇り・不透明性の管理

ヘイズガードi(haze-gard i)

クリアコートにおける曇りに代表されるヘーズ管理は必修事項になっていますが、昨今では、ヘーズでは測定不能な不透明性の評価の必要性が認知し始めています。これらの管理に適した機器がヘイズガードiです。

試験用塗膜形成

■塗膜形成試験機器



塗料・コーティング剤の塗膜の形成に大変便利で簡単に成膜できる試験機器を多数ご準備。導入がしやすいリーズナブルな価格帯からご提供しています。

塗膜形成試験機

 

測定機器一覧

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6941-9071 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社テツタニ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.